サーカス

おすすめ作品バッジ

喜劇王チャップリン扮する浮浪者が
サーカスで起こす笑いと涙の大騒動

喜劇の神様チャーリー・チャップリンが脚本、監督、主演を務めたドタバタコメディ。台詞なし、一部字幕と音楽ありのサイレント映画です。

スリと勘違いされて警察に追われるハメになり、サーカスのテントに逃げ込んだ浮浪者チャーリー。ステージや楽屋裏で逃げ回るチャーリーのせいでショーはメチャメチャになるのですが、この騒動を見ていた観客は腹を抱えて大笑い! これは商売になると目を付けた団長に雇われ、チャーリーはサーカスで働くことになります。そこで出会ったのがブランコ乗りの少女。義理の父である団長にひどい仕打ちを受けていた少女をかばうチャーリーは、いつしか少女に淡い恋心をつのらせます。サーカスでは人気者になり恋も仕事も順調、と思っていたチャーリーの前にハンサムな綱渡りという強力なライバルが現れて……。

ちょび髭、白塗り道化師風のおとぼけ顔、ぴちぴち上着にだぼだぼズボン、大きなドタ靴でガニ股歩き……という、チャップリンのトレードマークである浮浪者の一挙一動が可笑しくてたまりません。早送りしたような警官との逃走劇、座ったら椅子が無い、滑って転ぶ、顔がペンキまみれ……など、コントやギャグの定番が満載で子どもたちに大ウケ間違いなし! 台詞のないサイレント映画だからこそ、画面で繰り広げられる楽しさに集中できます。

一方、恋心に気づいてもらえず一途に少女に愛を注ぐ、優しくも愚直なチャーリーの姿が切ないです。複雑な感情はピンと来なくても、ユーモアを包む優しい物語はきっと子どもたちの心のどこかに残るはず。笑いと涙が詰まった傑作喜劇です。(上原 千都世)

上映時間:72分
日本語音声:なし
白黒/カラー:白黒
製作年:1928年
監督:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン
出演:マーナ・ケネディ
メーカー:株式会社KADOKAWA
製作国:アメリカ
原題:The Circus
備考:
親ゴコロポイント
  • 9歳と5歳の娘は爆笑しっぱなしでした。ライオンの檻に閉じ込められての珍騒動や猿に邪魔されながらの綱渡りなど、笑いのツボが満載です。娘たちはすっかりハマったようで「チャップリンの映画もっと見たい!」とリクエスト。一緒に名作を楽しめる嬉しさを感じますね。
広告