ハッピーフィート

おすすめ作品バッジ

キュートで楽しいペンギンたちの
ミュージカル・アニメ―ション

子ペンギンの冒険と成長物語を軸に、心躍るダンス・ミュージック満載で贈る楽しさいっぱいのミュージカル・アニメーションです。

皇帝ペンギンの男の子マンブルは、音痴だけどダンスが得意。けれど“歌で愛を伝える”ことが必須の皇帝ペンギンの世界では落ちこぼれてお父さんはいつもため息。魚不足など国に起こった災難までマンブルのせいにされ、マンブルは何と国外追放になってしまいます。めげないマンブルは自分の存在価値を証明するため、南極大陸を飛び出して、海の向こうの“未知なる世界”へ旅立ちます。

デキない子どもと歯がゆい親、という親子ならではの葛藤に共感してしまう方も多いはず。でも「落ちこぼれのはみ出しっ子」マンブルが、ペンギン世界の常識=大人の価値観を変えていく、という逆転ストーリーは痛快爽快。大人には落ちこぼれに見える子どもだって、大きな可能性がある、なんてことも思わずにはいられません。

ロック、ファンクにオペラ、ラップ、ゴスペルなど、ノリのいい曲に合わせて踊るペンギンたちのダンスは、まるでブロードウェイのトップダンサー&シンガーばりにキレ味抜群。思わず一緒に踊りだしたくなります。ペンギンたちのキュートな仕草と表情にも頬がゆるんでしまいます。第79回アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞している作品です。(上原 千都世)

上映時間:108分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:2006年
監督:ジョージ・ミラー
声の出演:イライジャ・ウッド
声の出演:ロビン・ウィリアムズ
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
製作国:オーストラリア/アメリカ
原題:Happy Feet
備考:
親ゴコロポイント
  • 音痴の息子マンブルにため息をつく父メンフィスの姿は、成績が悪い子どもにガッカリしてしまう親、という図に重なり思わず苦笑してしまいます。「だって僕はダンスが好きなんだもん!」と“自分”を貫くマンブルのたくましさが気持ちいい。親の色眼鏡で“子どもの芽”見逃していないか、ちょっと考えてしまいました。
広告