レミーのおいしいレストラン

おすすめ作品バッジ

天才シェフは、なんとネズミ!?
星つきレストランのキッチンで大騒動

パリの星付きレストラン「グストー」を舞台に、ずば抜けた味覚と嗅覚の持ち主のネズミ、レミーがシェフになる楽しいアニメーションです。レストランには最も似合わない(!)ネズミが主人公というのが面白いところ。

レミーとコンビを組んで、ひょんなことからレストランのシェフを任されてしまう気弱な青年リングイニ(コックの帽子の中にいるレミーに髪の毛を引っ張られて操縦されて料理を作ります!)、彼の恋人で、男社会のレストランで気丈に働くコレット、お金儲け第一の「グストー」の現シェフのスキナー、その辛口批評のせいでつぶれたレストランは数知れずという料理批評家イーゴなど多彩なキャラクターが登場します。

レストランを巡る人間模様をしっかり描き込んでいるから、大人が観ても楽しめます。また普段は目にしない、料理が席に運ばれるまでのレストランの内側の作業も見えてくるのが面白いかもしれません。映画の中で「誰にでも料理はできる」というレストランの故グストー氏の台詞が出てきますが、これを見たら子どもと一緒に料理を作ってみたくなるでしょう。余談ですが、この映画の英語の原題は「ラタトゥイユ」。このタイトルに映画のラストシーンにつながる秘密が隠されています!(上坂 美穂)

『レミーのおいしいレストラン』
2011年7月6日(水)発売
DVD 1,800円+税
©Disney/Pixar

上映時間:111分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:2007年
監督:ブラッド・バード
声の出演:ルー・ロマーノ
声の出演:パットン・オズワルト
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
製作国:アメリカ
原題:Ratatouille
備考:
親ゴコロポイント
  • 「食育」という言葉もよく聞かれる最近、子どもたちに料理に対して興味を持ってもらうためにはちょうどいい映画だと思います。ネズミという、台所で一番嫌われる存在が天才料理人という設定もひねりがきいていますね。
広告