となりのトトロ

おすすめ作品バッジ

子どもだけに見える世界を描く
大人も子どもも夢中になれるアニメーション

お母さんの入院がきっかけで、田舎へ引っ越してきた小学6年生のサツキと4歳のメイ。この姉妹が、森で「へんないきもの」トトロと出会ったことで体験する、不思議な出来事の数々を描くアニメーションです。

暗闇でワサワサ……と動くまっくろくろすけ、種を一瞬で巨大な木に成長させてしまうトトロ(文句なしの名シーン!)、かわいい小トトロ、中トトロ、そして困ったときに駆けつけて、行きたい所へひとっ飛びしてくれるネコバス。「子どもにしか見ることができない」トトロたちに、自分の子どもそっちのけで会いたい!と願ってしまいます。

オタマジャクシをオタジャマクシ、と間違えたり。立ちながらウトウトしてしまったり。思い通りにならないと大泣きするメイは、まさに現実の4歳児そのもの。この作品が本当に子どもを“子ども”のままに描いているその繊細な観察眼に、改めて驚かされます。そんな子供らしい無邪気な妹メイと、しっかり者だけど、お母さんの具合が悪くなったと思い込んだ途端に泣き出してしまう頑張り屋のお姉ちゃんサツキ。この姉妹の姿にも、女の子を持つお母さんはグッとくるのではないでしょうか。

自然にあふれた田舎の風景、子どもたちの心もをそのまま受け入れる優しい大人たち。子どもと一緒に挿入歌「さんぽ」「となりのトトロ」を口ずさみながら、必ず温かい気持ちになれる作品です。(上原 千都世)

上映時間:86分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:1988年
監督:宮崎駿
声の出演:日高のり子
声の出演:坂本千夏
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
製作国:日本
原題:
備考:
親ゴコロポイント
  • もう何回も観ている映画ですが、親になって観ると視点が変わって更に楽しめます。我が家の4歳次女とメイの行動があまりにもそっくりで笑ってしまいました。娘たちから「また観たい!」と何度もリクエストが入る作品。子どもも大人も“子どもゴコロ”の琴線を刺激してくれるシーンがいっぱいです。
広告