パパが遺した物語

亡き小説家の父が娘に遺した
1冊の本を巡る親子の愛の物語

両親を早くに亡くし、愛を見失ってしまったケイティ。自暴自棄な日々を過ごし、人と深い関係を築くことを避けてきた彼女は、作家だった父ジェイク・デイヴィスの大ファンという青年キャメロンと出会い、恋に落ちる。ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとする。過去を辿るうちに、父が最後の小説に込めたケイティへの思いが明らかになる。
監督は「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ。

©2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

公式HP
劇場情報

上映時間:116分
日本語音声:なし
白黒/カラー:カラー
製作年:2015年
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ラッセル・クロウ
出演:アマンダ・セイフライド
配給:ギャガ
製作国:アメリカ・イタリア
原題:FATHERS AND DAUGHTERS
備考:
親ゴコロポイント
  • 物語の冒頭ケイティは誰とでも関係を持つ若い女性として描かれています。性的なシーンが少しありますが、裸は写りません。
広告