スウェーデン映画祭 2015「リンドグレーンが描いた子どもたち」

スウェーデン映画祭 2015

シルバーウィークに東京・渋谷のユーロスペースで開催されるスウェーデン映画祭では、今年「長くつ下のピッピ」が出版されて70周年をむかえることを記念して、アストリッド・リンドグレーン原作の映画2本を上映します。70年を経てもなお、子どもたちに大人気のピッピに会いにおでかけください。

《リンドグレーンが描いた子どもたち》
■劇場版:長くつ下のピッピ
1970年 99分 上映素材:Blu-ray <字幕版>
監督:オッレ・ヘルボム

ピッピは力持ちで破天荒な 9 歳の女の子。幼い頃にお母さんを亡くし、船長のお父さんは行方不明になって、たった1人でごたごた荘に住んでいる。ある日、隣に住む兄妹トミーとアンニカは、お母さんに怒られて家出を決意する。ピッピも一緒に行くことにするが…。ピッピと仲間たちの大冒険を『なまいきチョルベンと水夫さん』のオッレ・ヘルボム監督があたたかいまなざしで瑞々しく描く。

■いたずら天使ミッシェル
1972年 80分 上映素材:16mm <日本語吹替え版>
監督:オッレ・ヘルボム

好奇心旺盛なミッシェルは、毎日あちこちで騒動を巻き起こしている。そのはちゃめちゃぶりは、困った村人がお金を集めてアメリカに追いやろうとするほど。そんなミッシェルも、大好きなアルフレッドが病気になって、どうにもできな いことがあることを知るけれど…。主人公の名前が「ミッシェル」と訳された西ドイツとの合作版を16mm フィルムの吹替え版で上映。原作シリーズは、スウェーデン語の「エーミル」で紹介されている。

■開催期間:2015年9月19日(土)~9月25日(金)
■場所:ユーロスペース(渋谷区円山町1-5)
■当日料金:一般1500円/大学・専門学校生1300円/シニア・ユーロスペース会員1200円
■公式WEBサイト:http://sff-web.jp/
■チケット:8/20(木)よりチケットぴあにて前売り券発売開始!(3回券のみの取り扱い)

主催:スウェーデン映画祭実行委員会
◇お問い合わせ sff@c-house.jp

広告