駆ける少年

貧しさや孤独を打ち破るアミル少年の
生きるエネルギーが画面いっぱにあふれ出す

『CUT』のアミール・ナデリ監督の代表作で、1985年のナント三大陸映画祭でグランプリを受賞。

70年代初頭のイラン。ペルシャ湾沿岸の小さな港町。少年アミルは浜辺に打ち捨てられた廃船にたった一人で暮らしている。ゴミ捨て場から空きビンを拾ったり、外国船の船員が海に捨てたビンを拾い集めたり、水兵の靴磨きや水売りなどをして何とか生計を立てている。親もなく苛酷な環境にありながらも、アミルはまるでハックルベリィ・フィンのように一人の生活を楽しんでいる。彼には好きなものがたくさんあるからだ。大きな白い船、どこか遠くに連れて行ってくれる飛行機、外国の綺麗な写真、チャップリン、友だち…そして走ること。アミルの仲間たちも皆、同じように天涯孤独の身の上だ。彼らはありあまるエネルギーを試すように全身で走る。誰も暗い顔はしていない。
そして「火の競走」の日。少年たちは天然ガスの炎が轟々と逆巻くなかに置かれた氷の塊を求めて熾烈な競走をくりひろげる。

公式HP
劇場情報

(C)kanoon

上映時間:91分
日本語音声:なし
白黒/カラー:カラー
製作年:1985年
監督:アミール・ナデリ
出演:マジッド・ニルマンド
出演:ムサ・トルキザデエ
配給:『駆ける少年』上映委員会
製作国:イラン
原題:DAVANDEH
備考:
広告