ムール貝の白ワイン蒸し&フライドポテト

ムール貝の白ワイン蒸し&フライドポテト
―『地下鉄のザジ』より―

伊藤麻衣子 Maiko Ito

11月になってずいぶん寒くなってきました。そろそろハイネックやタートルのセーターが恋しくなる季節です。高校生の頃、赤のタートルセーターにプリーツスカートやジーンズを合わせるのがお気に入りでした。
今回、『地下鉄のザジ』を見返したところ、自分がザジのマネをしていたんだということに気づいてしまいました。意識したことはなかったのですが、映画の中の永遠の定番ファッションということでしょうか。

田舎からパリに出てきたザジ。ママは恋人とデートに行ってしまいますが、そんなことはものともせず、叔父さんたちを振り回しながら、パリ中を駆け回ります。憧れの地下鉄はスト中で乗ることができませんでしたが、タクシーで町中を移動して、蚤の市でジーンズを買ってもらい、エッフェル塔にものぼって、パリでやりたいことは全部やってのけてしまいます。

そんな中で一番気になるのは、レストランで山盛りのポテトとムール貝を大人顔負けにぺろっとたいらげるシーン。この料理、ムール・エ・フリットはベルギー料理ですが、パリのブラッスリーでは定番の料理なのだそうです。殻を次々に皿に投げてお行儀が悪いのもご愛嬌ということで、今回はムール・エ・フリット、いわゆるムール貝の白ワイン蒸しと、付け合せにフライドポテトを作ります。

■ムール貝の白ワイン蒸し&フライドポテト(ムール・エ・フリット)
【材料】
ムール貝 15~20個
エシャレット 1束
ニンニク 1片
白ワイン 100ml
オリーブオイル 適量
塩 適量
こしょう 適量
じゃがいも 2~3個
サラダ油 適量

ムール貝の殻をよく洗います。殻についている毛を手でちぎります。取りづらい時はハサミで切っても。

汚れもあるので、これくらいになるまで丁寧にとりましょう。水につけて冷蔵庫に入れておきます。

じゃがいもをよく洗い皮をむいて、拍子木切りにします。水に少しつけておきます。水につけないとでんぷんが変色するので注意。

水をよく切ってから揚げます。鍋に油を入れて弱火にかける。適温になったら、じゃがいもをいれる。ジュッと軽くいうくらいが適温。じっくりあげます。表面がこんがりしてきたら、火を強めてカリッと仕上げます。
油からあげて、キッチンペーパーなどにのせて余分な油をきっておく。

鍋にオリーブオイルをあっためて、みじん切りにしたニンニク、荒みじん切りにしたエシャレットを入れて炒めます。

よい香りがしてきたら、水を切ったムール貝を入れます。かき混ぜてオイルを全体にまわします。白ワインを入れて混ぜ、ふたを閉めます。

5分くらいしてふたを開け、貝の口がすべて開いていたら、塩、こしょうを加えて全体を混ぜたら、出来上がりです。

ムール貝とポテトを別々のお皿に盛り付けます。

※ムール貝は貝専門店や大きなスーパーなどで時期によって売っています。今回は「渋谷市場」で買いました。ない場合は、大ぶりのあさりなどで代用しても十分美味しくいただけます。

ザジは小学生だと思うのですが、「叔父さんはホモだもの。ホモってなに?」と聞くのです。現代ならわかるのですが、制作されたのは1960年。やはり恋愛の国フランスともなると、小学生の疑問も多種多様で、進んでいると感心してしまいました。「私って早熟なの」と言ってのけるおませさんのザジ。いつの時代も男性は女の子にはタジタジです。52年も前の映画なのに、今見ても新しく、心躍るシーンの連続なのに驚きます。ヌーヴェル・ヴァーグの勢い、映画の力を感じる名作です。

今回の料理撮影はブラッスリーの雰囲気を出したかったもので、家を飛び出して根津の立呑み屋「GARAGE」で行いました。そのGARAGEにて子連れでも楽しめるイベントを開催します。料理と店番を担当します。ご興味あれば、ご家族やご友人とぜひお越しください。

「立呑み屋で女子会@GARAGE」
日時:11/23(金・祝)12:30~18:00
場所:GARAGE(ガレージ)
東京都文京区根津2-35-10 TEL:03-6310-9188
料理1品:300円/2品セレクト:500円/3品セレクト:800円
アルコール:400円~/ソフトドリンク:300円~

伊藤麻衣子(Maiko Ito)
福島県白河生まれ。4人兄弟、男兄弟にかこまれて育つ。
今は映画などの宣伝と、沖縄の器の営業を生業に。料理上手の母を見て育ったので、気づけば料理が趣味に。今回はこのコラムで映画、器、料理と自分の好きなものをどう形にできるかが楽しみです。
美味日和~谷根千暮らし~

過去の記事
≫新学期はお弁当の季節 ―『となりのトトロ』より―
≫父と息子のフレンチ・トースト ―『クレイマー、クレイマー』より―
≫沖縄の食卓 ―『ホテル・ハイビスカス』より―
≫夏休み、スイカのある風景―『天然コケッコー』より―
≫甘くてほろ苦い、蜂蜜のパウンドケーキ―『リリィ、はちみつ色の秘密』より―
≫子ども映画会のパーティ料理
≫悪夢のかぼちゃグラタン―『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』より

関連作品
広告