かいじゅうたちのいるところ

おすすめ作品バッジ

大人気の絵本をもとにしたファンタジー
孤独な少年がかいじゅうたちの王様に?

家出した少年と、彼が迷い込んだ不思議な世界に住む「かいじゅう」たちとの交流を描くファンタジーです。

主人公マックスは、姉と、離婚した母と3人暮らし。ある日、母の恋人がディナーに来たときに親子喧嘩になり、マックスは家を飛び出します。見知らぬ浜辺から、小船で海に漕ぎ出したマックスがたどり着いた島には、かいじゅうたちが住んでいて、マックスはひょんなことから彼らの「王様」になることに……。

原作はベストセラー絵本。筋を追うだけならすぐ終わってしまいかねない短い話ですが、映画はそれを孤独な少年マックスの話として膨らまし、またかいじゅうたち同士の関係も描いたドラマになっています。かいじゅうも、着ぐるみを使って撮影した手法が全篇CGで作られた映像を見慣れた目には新鮮。マックスと一緒に飛んだりはねたりしている姿が不思議な味わいを出しています。セピア調の画面とあいまって、楽しいだけのファンタジーとはひと味違う、どこか切ないムードの映画になっています。絵本の読者層よりはちょっと大きいお子さん向け。(上坂 美穂)

上映時間:101分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:2009年
監督:スパイク・ジョーンズ
出演:マックス・レコーズ
出演:キャサリン・キーナー
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
製作国:アメリカ
原題:WHERE THE WILD THINGS ARE
備考:
親ゴコロポイント
  • あの短い絵本の内容(しかも台詞がほとんどないのに)どうやって映画に? と思うなら必見。マックスの孤独な気持ちをていねいに描くことで絵本とも違う世界観を作り出しています。「うれしい、楽しい」ばかりではない映画の静かなタッチが心に残ります。
広告