光とあそぼうー江戸写し絵の世界ー

劇場と映像館をむすぶ光のパフォーマンス。川崎市アートセンター小劇場×映像館コラボレーション企画。
1769年(江戸後期)、オランダから金属製の幻灯機(マジックランタン)が渡来し、1803年幻灯機を改良した、日本独自の「写し絵」が誕生しました。写し絵の公演鑑賞後、2日(日)には、自分たちで写し絵を作ってみるワークショップも開催します。

タイトル: 光とあそぼうー江戸写し絵の世界ー
開催日:
2018年12月1日(土)13:00開演(12:45開場)
 「だるま夜話」「三枚のお札」 ※4才以上推奨
2018年12月2日(日)11:00開演(10:45開場)
 「だるま夜話」「田能久とうわばみ」 ※小学生以上推奨
※2日(日)は13:30から、写し絵アトリエあり(公演とのセット券、親子参加可)
会場名:川崎市アートセンタ―
費用:
●公演のみ<1日(土)、2日(日)の各日>
 一般1,500円 中学生以下1,000円 親子券(一般1名、中学生以下1名)2,000円
 ※アルテリオシネマ会員割1,200円(窓口のみ)
 ※3歳以下ひざ上無料
●公演&アトリエセット券<2日(日)>先着15組限定
 一般3,000円 中学生以下2,500円 親子券(一般1名、中学生以下1名)3,500円
 ※親子券のワークショップは1組1セットの制作になります。
 ※公演観賞は2日の演目に限ります。
お問合せ:川崎市アートセンター
TEL 044-959-2255(9:00~19:30/土日祝・原則毎月第2月曜除く)
公式HP

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中