検察側の罪人

  • レイティングG
  • 中学生〜

殺人犯を巡って対立する二人の検事
正しいのはどちらの正義か?

公開日:2018年8月24日 | 上映時間:123分| 日本語

ストーリー

都内で発生した殺人事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、時効を迎えた未解決殺人事件の最重要容疑者だった。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるが、松倉は犯行を否認し続ける。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」そんな疑念に沖野はさいなまれる。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは?雫井脩介の同名小説を、木村拓哉、二宮和也の初共演で映画化。

(C)2018 TOHO/JStorm

公式HP
劇場情報

スタッフ

監督:原田眞人

キャスト

出演:木村拓哉   
出演:二宮和也

作品データ

原題:
製作年:2018年
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:123分
日本語吹替:あり
白黒/カラー:カラー
備考:

親ゴコロポイント

正義とは何か考えさせる映画です。ラブホテルのシーン、ベットシーンが1ケ所出てきます。また出血を伴う暴力的なシーンがいくつかありますので中学生以上の鑑賞をおすすめまします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中