人形アニメーション作家 持永只仁

『ペンギンぼうや ルルとキキ』(1958年)より

人形アニメーション作家 持永只仁

国産アニメ百年を記念して展覧会「人形アニメーション作家 持永只仁」が開催されます。
中国のアニメーション界を育て、若きティム・バートンを魅了した、日本の人形アニメーションの祖、持永只仁のその生涯を、持永家で長く保管されてきた人形や製作資料、写真や作品映像を通して紹介します。

持永只仁

タイトル:「人形アニメーション作家 持永只仁(もちながただひと)」
開催日:2017年5月13日(土)―9月10日(日)*月曜休館
会場名:東京国立近代美術館フィルムセンター
住所:〒104-0031東京都中央区京橋3-7-6
観覧料:一般250円(200円)/大学生・シニア130円(60円)/高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式HP

『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』(1964年)より