図書館戦争 THE LAST MISSION

本を読む自由を守るために戦う
図書館隊員の活躍を描くSFアクション

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤のシゴキに耐え、厳しい訓練と図書館業務の日々を過ごしていた。
そんなある日、この世に1冊しか現存しない”自由の象徴”「図書館法規要覧」が一般展示が行われる“芸術の祭典”会場を警備することになった。一見簡単な任務に思えたが、図書隊を解散させる事で歪んだ社会を矯正しようと企む手塚慧(さとし)がタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった。検閲実行部隊「良化隊」による急襲を受け、成す術もなく1人、また1人と凶弾に倒れていくタスクフォースのメンバーたち。堂上たちは無事に本を、仲間たちを守り切れるのか?!

©2015“Library Wars -LM-” Movie Project

公式HP
劇場情報

上映時間:120分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:2015年
監督:佐藤信介
出演:岡田准一
出演:榮倉奈々
配給:東宝
製作国:日本
原題:
備考:
親ゴコロポイント
  • アクションは迫力があり、流血シーンもあります。言論の自由や、問題解決に暴力を使うことの是非について親子で考えるきっかけになる作品です。また前作を見ていなくても理解できます。
広告