聴こえてる、ふりをしただけ

守ってくれる人が
誰もいなくなった日、
わたしは大人になることにした。

ベルリン国際映画祭「ジェネレーションKプラス」部門・準グランプリ“子ども審査員特別賞”を受賞

11歳の自分”を抱えている、あなたへ。

突然の事故で母親を亡くした、11歳の少女・サチ。
周囲の大人は、「お母さんは魂になって見守ってくれている」と言ってサチを慰めるが、サチはいまいち信じこめずにいた。
母の残していったものをじっと見つめては、そこから何かを感じ取ろうとし、サチの時間は止まっていく。

母の死後、久しぶりの登校時には、二人きりになった父から母のかたみの指輪を「お母さんと一緒にいられるように」ともたされる。
家庭では父と親戚の由美子が必死にサチに気を遣い、学校では親友・美由紀がどこかよそよそしく自分を気遣う。一方では、死後の世界を否定するような考えを由美子や美由紀に示され、サチは心のよりどころを見いだせないでいた。

ある日、転校生の希がやってくる。はじめは特に興味を示さなかったサチだが、希がお化けを怖がって失禁してしまったのをきっかけに希に近づく。純粋に死後の世界を信じる希の存在に、サチは次第に依存していく。

公式HP

上映時間:99分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:2012年
監督・脚本・編集:今泉 かおり
出演:野中 はな
:郷田 芽瑠
配給:アップリンク
製作国:日本
原題:
備考:
広告