トッポジージョのボタン戦争

おすすめ作品バッジ

イタリア生まれのキュートなネズミのキャラクター
トッポ・ジージョが世界征服を阻止するため大活躍!

60年代に日本で子どもたちに大人気だったトッポ・ジージョを主人公に、イタリア、日本で共同製作されたサスペンス・タッチの人形劇です。

19××年のある夜、ある国のある都会。夢を見ながら気持ちよく寝ていたトッポ・ジージョは、何やら外で起こっている騒動で起こされてしまいます。目が冴えてしまったジージョは夜の街へでかけ、ギャングの犯罪に巻き込まれてしまいます。ギャングは銀行の金庫に保管された、恐ろしい兵器の「発射ボタン」を盗んで世界を征服しようというのです。警察より先にそのことに気づいたジージョは、偶然出会って仲良くなった赤い風船と共にギャングの計画を阻止しようと奮闘するのですが……。

タイトルから、ほのぼのした映画を想像しているとビックリするかもしれません。愛らしい風貌のジージョが巻き込まれるハードボイルド・サスペンス。緊迫感たっぷり、次々と激しいアクションシーンが繰り出されます。とはいえ冒頭からコミカルな描写が続き、ぷっくりほっぺに大きな耳のジージョのユーモラスな一挙一動に子どもは惹きこまれること間違いなし。可愛いジージョと共にハラハラドキドキのサスペンス体験ができることでしょう。絶妙な感情表現を見せる赤い風船とジージョの、友だちとの出会いと別れを描いた切ない友情物語でもあります。(上原 千都世)

上映時間:92分
日本語音声:あり
白黒/カラー:カラー
製作年:1967年
監督:市川崑
声の出演:中村メイコ
声の出演:小林桂樹
メーカー:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
製作国:日本
原題:
備考:
親ゴコロポイント
  • 50年以上前のキャラクターですが、その可愛らしさとちょっとトボケた動きが何とも魅力的 で、一目で子どもの心をつかんでしまいます。犯罪劇風ですが、小4の娘も意外なほど面白がっていました。大活躍したのに大人たちに気づいてもらえない小さ なネズミ、ジージョの叫びに子どもの姿を重ねて、ちょっぴり切ない気分に……。
広告